不動産査定における3種類の査定額算出手段とは?

不動産査定における3種類の査定額算出手段とは?

不動産査定における算出手段には取引事例比較法と原価法、収益還元法の3種類があります。
取引事例比較法は査定を受ける住宅の周辺であった過去の取引事例の中から似ているケースを選び面積や立地、間取りなどを比べて金額を算出します。
この方法は居住目的で使われていた家を査定する場合によく使われています。
住宅の価値は駅までの距離や面積などで単純に決定されるわけではなく、窓からの眺望や街のブランド力なども大きく関係します。
実際の取引事例を参考にすれば精確な不動産査定ができます。
原価法は現在ある住宅を取り壊して全く同じものを建て直したと仮定し、築年数に応じて減価修正を行います。
収益還元法は収益物件の売却に使われる計算方法です。
貸家などの収益物件は住宅としての価値よりも所有することで発生する利益が重視されます。
収益還元法は物件が生み出す収益を基準にして査定額を決めるという特徴があります。
一戸建ての査定などでは取引事例比較法を使うのが一般的です。

不動産査定を行う際には収益還元法を活用する

不動産査定を行う際には、収益還元法を活用することが欠かせません。
不動産の所有によられる利益を、1年単位の利回りに置き換えるのが、収益還元法と呼ばれる計算手法です。
一般的に用いられる手法には、正確な値を算出できる直接還元法と、簡易な計算が行えるDCF法が存在しています。
不動産を売却する際には、少しでも高く売りたいと考えるのが普通でしょう。
査定を依頼する前に、簡易的な価値を算出しておいた方が、要望通りの売却は可能となるものです。
DCF法のような、手軽に計算できる手法を用いて、物件の価値を算出しておいた方が良いでしょう。
不動産情報を扱うサイトの中には、一度に複数事業者に対して査定を依頼できるところも見られます。
自分で足を運ぶ必要もなく、複数の不動産会社に査定を依頼することが出来るのです。
取引先によっては、数百万円単位の差額が生じることも有り得ます。
不動産査定を利用する際には、出来るだけ多くの事業者に依頼することも大切です。

筆者:佐川猛

筆者プロフィール

島根県出雲市生まれ。
テレビで不動産査定の特集を見て興味を持ち、自分なりに調べてみました。