初心者でも簡単に理解できる!不動産査定にまつわる役立つ情報や豆知識を紹介!

不動産査定の時、チェックするポイントとしては築年数が何年経っているかです。
当然築年数が多いほど査定額は低くなります。
立地条件も査定に入ります。
駅から近かいのと遠いのとでは査定額がまったく違います。
土地もきちんと整地してあれば査定額も高くなりますが、何も手を付けてないと低くなります。
外観や内観も査定に入ることを知っておくと高く査定してもらえます。

初心者でも簡単に理解できる!不動産査定にまつわる役立つ情報や豆知識を紹介!

不動産査定の豆知識としては、査定するのは住宅や建物だけではないということです。
築年数は新しい方が高いのは当然のことです。
売りたい方は年数が経たないうちに売ることをおすすします。
立地条件は住宅などの周囲に駅や学校、公共施設、コンビニなどがないと不便な所と見られてしまいます。
駅から近ければ売りに出した時も近いうちに買い手が付きやすいです。
土地の状態も草木が生えていると手入れをしていないと見られてしまい査定額も下がります。

家を売りたければ絶対に必須!不動産査定の方法や種類

不動産査定の方法はいくつかあり、それらのうちの一つを使って算出するのではなくて、複数を組み合わせて算出されます。
不動産の種類や取引形態によって異なり、代表的なものとして取引事例比較法があり、似た条件の不動産取引事例をもとにして条件等で調整を行って査定額を算出するというものです。
原価法は物件を新たに建築した場合にかかる費用から、建物の経過年数に応じて調整して査定額を出します。
収益還元法というものもあり、その不動産から将来どの程度の収益が得られるかを計算して額を導き出します。
これらの方向を駆使して不動産査定が行われるわけですが、実際の査定では建物の構造や耐用年数がチェックされ、耐震基準も重要です。
耐震基準が重視されるのは大きな地震が起きやすいためであり、中古物件を購入する場合には飼い主は必ずチェックします。
他にも方角や立地は大きな影響を与える要素であり、日当たりの良い南向きの物件は人気があります。

不動産査定方法その①確実で正確な査定額を導き出す訪問査定

不動産査定で正確な額を算出してもらうためには、実際にその物件を見てもらうのが一番です。
机上査定では正確な額を出すことが難しいケースもありますが、訪問査定なら様々な要素を考えて適正な額を算出することが可能です。
土地の状況や建物の劣化等は机上のデータからでは分からない部分であり、机上査定を事前に受けている場合でもそこにプラスしたりマイナスしたりしながら評価を付け加えます。
特に土地や中古の戸建ての場合には机上査定にはあまり意味がありません。
不動産としての価値があるかを判断するには色々な部分を見なければならず、訪問して不動産査定を行うのが一般的です。
壁や家の劣化状況以外にも日当たりや騒音等はとても重要ですし、周辺環境も必ずチェックされます。
これらは現地に出向かなければ把握できない部分であり、家の前の道路が原因で立て直しができないといった事情も考慮されます。
このような事情がある不動産は価格が大きく下がり、相場以下になるのが普通です。

不動産査定方法その②遠隔地からでも便利に利用できる電話による机上査定

遠方になる物件の不動産査定をしてほしい場合や、売却をするのは先になりそうだが現在の価格を把握しておきたいといった場合には、机上査定を選ぶのが一般的です。
正確な価値を算出するのが難しいとされていますが、具体的に売却の話を進める段階にない時にはかなり便利な方法です。
この方法で不動産査定を行う場合、遠隔地であっても情報を伝えることができれば査定をしてもらえます。
電話をかけて必要な情報を伝え、それに基づいた額が算出されるという流れです。
手間もかかりませんし、いくつかの不動産会社に聞いてみることもできますので、情報収集や相場を把握するための手段として用いることもあります。
電話をかけるだけですから本来なら何も気にならずに依頼することができますが、具体的な話をするためにその後の依頼までしなければならないのではないかと不安に感じる人もいるようです。
しかし、実際の売却はまだ考えていないことを伝えれば問題はありません。

不動産査定方法その③最高値の査定額の把握に貢献する一括査定サイト

不動産査定を行う際に、一括査定を利用すれば簡単な方法で最高額を把握することができます。
一括査定サイトでは、一度にいろいろな業者の査定額を確認することができます。
利用方法も簡単で、情報を記入し送信するだけとなっているのでとても簡単です。
送信した後には、業者から査定額を教えてもらうことができ、その中から一番高い値段をつけた業者を利用することが可能になります。
この方法を利用すれば、忙しい方でも利用しやすいです。
仕事や家事の合間に送信することができるので面倒を感じることがありません。
また、早く連絡をもらうこともできるので、いつまでも待つストレスを感じることがありません。
どこの業者が一番高い値段をつけてくれるのかわからないときには、積極的に利用してみるとよいです。

筆者:佐川猛

筆者プロフィール

島根県出雲市生まれ。
テレビで不動産査定の特集を見て興味を持ち、自分なりに調べてみました。
広島市で不動産査定